この淡路を再生可能エネルギーで
日本の中心の地にしたい。
そんな思いから風車の輸送が始まりました。

マルショウ運輸は淡路島で輸送に係わって四半世紀を迎えました。
創業当時は淡路島の特産品である淡路瓦を本州へ運ぶことからスタート。そして、鋼材、大型重量品等と運ぶモノも変化を遂げてきました。しかし、私たちの使うトラックは化石燃料で動いています。永い間に渡って枯渇性エネルギーを使いつづけて来たのです。
そこで私たちの使命(ミッション)は環境保全に貢献していくことだと考えました。まず、始めたのが大型風車の輸送です。それを切っ掛けに再生可能エネルギー部門を設立し、太陽光発電に着手。今では淡路島を中心に50基以上も設置することができました。そして今、世界で再生可能エネルギーで水力に次いで最も使われている風力発電に着手したのです。
国生みの神話によれば淡路島は、日本列島中、最初に創造された地と言われています。その淡路島を再生可能エネルギー100%の地に。そして再生可能エネルギーの中心の地に ………。

松井規佐夫

代表取締役松井規佐夫

Out Line

社  名 マルショウ運輸株式会社(英文社名:Marusho Transport Inc.)
創  業 1990年4月4日
代  表 代表取締役 松井 規佐夫(まつい きさお)
資 本 金 5,000万円
本  社 〒656-0422 兵庫県南あわじ市榎列上幡多1383番地7
Tel. 0799-42-0369 Fax. 0799-43-2800
WEBサイト https://marusho-transport.jp
大阪営業所 〒550-0013 大阪市西区新町1丁目4-26
ニッケ四ツ橋ビル7階 (川崎鋼管株式会社内)
Tel. 06-6536-6558 Fax 06-6543-0773
事業内容 風車、大型・重量品、特殊品等の輸送などの物流事業及び関連事業
保管・倉庫関連事業
再生可能エネルギー(主に太陽光発電・風力発電)の販売事業及び関連事業
許  可 一般貨物自動車運送業・自動車運送取扱事業

History

1990年4月 有限会社マルショウ運輸サービス設立
5月 一般貨物自動車運送事業の開始
6月 自動車運送取扱事業の開始
1991年4月 大型トレーラー導入により重量物品及び鋼材の輸送を開始
1994年8月 営業区域の拡大(兵庫県、大阪府及び京都府
1999年8月 大型風車の輸送を開始
2002年1月 マルショウ運輸株式会社に社名変更及び現住所へ移転
2004年6月 SO9001:2000 認証取得
2016年6月 SO9001:2015 移行合格

Certification

マルショウ運輸株式会社は

品質マネジメントシステム
ISO 9001: 2015

一般貨物の自動車運送及び重量貨物の自動車運送の設計・開発
の範囲において適合認定を取得しております。

Access

※神戸淡路鳴門道洲本インターチェンジより車で2分。
兵庫県道125号洲本松帆線沿いに立地している。